Archive
Login
ID:
PASS:
 
Admin Login
PASS:
 
2010/04/29(Thu)

営業車の点火プラグ交換

image_61af5b13a614c  風邪(治りかけ)と花粉症とでボロボロです。

 GW突入しました、本日以降は天気回復のようですね。岩手はサクラ満開のGWですので、是非中尊寺などにいらっしゃいませ。
 
 GW後半、少しは春らしい気候になって欲しいモノです。

 私は事務所で(遅れに遅れている)書類作成に勤しんでいるのですが、天気の合間を見て営業車の点火プラグ交換をしました。




 このフォード、中古購入したのが昨年7月で、そこから3万キロちょっと走っています。メンテナンスは殆ど自分でやってますが、プラグ交換はしていませんでした。
 というのも、特殊な形状のプラグなのでホームセンターなどの量販店などでは手に入らないのです。行く先々のカーショップやDIYショップで確認しましたが、何処にも在庫がありません。

 この頃、エンジン始動性が悪いときがあり、また夏タイヤに戻したのに燃費も落ちています。これはボチボチ交換せねばならないぞ、と、アマゾンでお取り寄せしました。が、4本注文したのに、1本、2本、1本と3回に分けられて発送され、注文後1ヶ月でやっと4本揃ったのです。マイナー車種は辛いですねぇ、部品在庫が脆弱です。 ちょっと特殊な形状のプラグで、ガスケットシートがない代わりにテーパー締め付け(ISO平行RS継手みたいな形状)で、また締め付けトルクを過剰にさせないためか、6角サイズも最小のものです。オートバイ用のプラグレンチで丁度なくらい細いのでした。
 エンジンは基本マツダと変わらないはずなのに面倒な部分を設計変更しているようです。

 3万キロノーメンテで走ったプラグでしたが、2番シリンダーがカーボン多いかな、という程度。電極は4本とも綺麗に焼けています。プラグギャップは開いており、通常プラグで3万キロはちょっと過酷でしたかね。
 プラグのメーカーが判らないのですが、多分ヨーロッパフォード純正のリペアキット附属のプラグだと思われます。

 今回交換したのは、10万キロ走行OKのNGKイリジウムMAX。これでプラグは交換の必要無しでしょう。
 交換後、エンジン始動性がすごく良くなりました。

 15分ほどの作業でしたが、満足満足

by Kanno | 2010/04/29 09:42:38 | ばしゃうま業務日記 | comment(0) | trackback(0)
タイトル
名前
URL
添付ファイル
内容